医療現場における看護師の重要性

医療の現場は生死が常につきまとう。そのような医療現場では、看護師が重要な役割を果たしているが、具体的には一体どのような業務を行っているのだろうか?

病院で主導的な立場に立つのは医師である。医師は、専門科別に分かれて診療を行なうが、病気に関する医療措置を全面的に行うえる唯一の職業だ。そのため、医療現場においては医師が絶対的な権力を持っていると言っても過言ではない。しかし、このような医師の役割は、あくまでも自分自身が担当している専門科のみと言える。そのため、外科の医師が手術を行ったとしても、内科の医師が決めた治療方針には口出しすることはできず、また、内科の医師が手術を行なうこともないのだ。

一方、看護師は手術のサポートから内科的な治療の補助まで、幅広い医療的なサポートを行う。そのため、現在脳外科で勤務していても、数年経つと内科に移動し、医療的なサポートを行わなくてはならないこともある。それゆえ、専門的な知識が求められる反面、広範囲にわたる医療的な措置を行える技術を有していることも求められるのだ。

また、このような医療的補助業務と同程度に重要になるのが、患者に対する対応力だ。患者は様々な病気を抱えている。軽度の疾患を患っている人から重度の疾病を患っている人まで様々だ。しかも、重症の人は、病気を改善しようとする意欲が減退している場合もあるので、そのような人に対して勇気を与えたり、意欲を向上させるようにすることも看護師に求められており、患者の闘病生活において重要な役割を担っているのだ。今回は看護師という職業にスポットを当ててみたが、医療の現場には様々な職種があるので、ぜひ私のおすすめサイトである●◎●医療のお仕事●◎●も併せて読んでみてほしい。