長く看護師を続けるコツ

看護師の医療現場での仕事は多岐にわっているのが特徴だ。入院患者の容態管理や投薬などを行う病棟管理、外来患者の診察を行うための対応など、診療行為における医師のサポートなど、看護師は広い範囲をカバーしなければならない。

しかし、仕事をしていると苦手意識が生まれてくることはよくあり、「病棟管理は好きだけれど、オペ室勤務は好まない」「外来患者の対応は得意だけれど、病棟の患者の対応は苦手」などといった状況は少なくないようだ。苦手な仕事に従事するのはあまり賢明ではないので、看護師は自分の適性をしっかり把握しておく必要があるだろう。

苦手な仕事を担当してしまうと、ストレスになるだけでなく、ミスをしてしまうリスクも高くなる。さらに、苦手だという意識が強いと、何とか解決しようと努力をしても報われない場合、仕事への意欲も欠いてしまう。そのため、看護師にも得手不得手があるということを自覚して、自分が得意とする仕事ができる職場を選ぶことは大切である。

病棟管理専門の看護師として働いたり、外来しかないクリニックに勤めたりすることは可能なので、自分にとってやりがいがあり、得意でもある仕事に従事できる環境が、長く看護師を続けるコツだと私は思っている。苦手意識を克服しようとする気持ちは大切だが、それが過剰なストレスになる場合は、自分の天職と言える部署を見極め、場合によっては転職する勇気も必要ではないだろうか。